2013年11月26日

【攻略シリーズ】テーマアクアリウムおほへ書き【最初期攻略】 その1


PS版無印、PS3ダウンロードコンテンツも同じだと思われます。
日本で始めることを前提とした攻略となります。

大量の客が入って経営が安定するまでの攻略。

その2はこちら!

<<最初期攻略>>

まずは国選び。太平洋は全地域の中央に存在。

日本=日本関連の漁場が目の前に3つ。
アリューシャン、グレートバリアリーフ、南シナも近い。
北アメリカも正面なので行きやすい。
エクアドルやガラパゴスから遠い。完璧に初心者向け。
この攻略はここ日本で始めることを前提にしている。

アメリカ=アザラシのモントレー湾やラッコのアリューシャンも近い。
カルフォルニア湾とパナワ湾が主力。
アリューシャン、エクアドル、ガラパゴスも近い。
南極や南シナ海は諦めた方がいい。初心者向け。

オーストラリア=グレートバリアリーフとクック諸島が近い。
南極も側にあり、ペンギンが充実。ペンギン天国になりがちw
日本や南シナ海も近い。
アメリカ大陸はニュージーランドを迂回する必要があり、
行き帰りの移動数が他の国より上乗せされる。
半分以上の漁場がキツイので中級者向けといえる。

エクアドル=主力のアマゾン系淡水魚が強み。
だが目玉のピラルクはオタクが沢山持ってくる……
ガラパゴスや北アメリカも近い。アリューシャンや南極は少々厳しい。
南シナ海のジュゴンは諦めたほうが良さげ。
近所のガラパゴス、パナマ、カルフォルニア、モントレーのいずれも、
中々魚が取れないので6ヶ月で出かけてもボウズになりがち。
淡水系は水槽の種類がないので場所をとる。
客や魚の要求が比較的シビアな感じ。中〜上級者向け。
フロアが他の三国より広く、自由にレイアウトしやすい。



ゲームスタート。まずはメニューの機能でスピードを止める。
そして銀行からの借り入れ。初期の資金では絶対に足りなくなる。
とりあえず5000万ほど借りよう。返済するまで苦しいが、
最初から借りていれば無用なストレスを生まずにすむ。
最初に好景気が来れば借金無くても乗り越えられるが……

借りたら次は設備開発。
ろ過、ポンプ、サーモ、ブロアを順に300万円で開発。
2段階は300万以上は金の無駄。
買い替えは修理に合わせて行おう。
とにかく、初期の設備では何にもできない。直ぐに開発。
2段階なら1フロアなら何とか回せる。
日本で始めることが前提なので、
それらが終わったら、船もとりあえず1段階レベルアップ。
コレでギリギリまで日本周辺の魚が取れることになり便利。

自家発電装置はろ過機など主要機器の2段目の
開発、設置が終わったら、2段目を開発しよう。
開発をしておくだけで設置をする必要はない。
停電イベントが起こってから即設置。節約しよう。



続いて水槽や小道具開発。
水槽は好みで分かれるが、初手は200万で机型大を開発したい。
隠しステージのエクアドルで始めるならともかく、
日本の川の魚はさして人気がない。イトウは別だがレアで入手困難。
北アメリカやエクアドルなどは大を一つ開発しとけば当分しのげる。
ていうか、大以上は扇型なのでいらないw
海獣用の大型は主に繁殖用として用いる場合が殆ど。
よって、中規模以上に発展するまで不要なのでスルー必須。
日本は比較的、海洋生物が得意なので海洋系を先に完成させる。
一番上の円柱形は使い易いので優先すると良いかも。

小道具の初手は200万でスタッフ詰め所一択。
これが有ると無いとでスタッフの性能が目に見えて違う。
スタッフは奥へ奥へと移動する癖があるので、
入口付近に置いておけば水族館内が満遍なく綺麗になる。
次はレンガ。その次のカラーブロックで
スタッフの行動範囲を制限できるので必須。
それが終わったら案内標識から開発していく。
ショップはあれば儲かるが、完成期間が長く、
場所を取る上に置き方に気をつけなければ売上は見込めない。
初期の水族館の規模ではショップを置くのは無理がある。
そもそも、客がかなり来るようにならなければ儲けが出ないので、
ある程度後回しにしても問題ない。
おそらく、多くのプレイヤーが真っ先に開発すると思われるが、
手すりやベンチ、灰皿の方が重要なのでそちらの獲得を
優先した方がいい。
<<小道具開発優先度まとめ>>
1:スタッフ詰め所。ここで止め。
2:レンガ→カラーブロック。ここで止め
3:案内標識→ベンチ→灰皿→手すり
4:ふうせんショップ→ショップ類。後は自由に。



次はスタッフの雇用。特にアクアキーパー重要。
アクアキーパーは2種類必要。
清掃・飼育を主とするメンバーと捕獲がメインのスタッフ。
初手の医師、スイーパー、コンパニオンは数値優先で雇う。
コンパニオンは中盤以降まで1人で十分。

スタッフは育てることが可能だが、
初めはアクアキーパーの教育がメインで、
他のスタッフは余裕が出てからなので数値優先でおk
アクアキーパーが揃ったら無駄に給料が上がっていると
思われる他のスタッフは解雇。新しく雇って教育する形。
ゲーム開始当初、2〜3人を雇ったら速攻で勉強会に放り込む。
こうやって漁法を広めていく。
すべてのアクアキーパーの教育が終わったら、
次は医師の教育を始めよう。
毎月雇える人が変わるので、数値の高い人を雇って、
素質Aの数値が低い医師に勉強させる。
スイーパーとコンパニオンの教育は不要。
実践のみでもりもり成長する。

コンパニオンは案内所でペコペコするだけでなく、
団体客に融合して案内する役目もある。
どんな効果を生むかは解らないが、無意味ではないだろう。
なので、2階などに範囲を広げても2階に案内所に置かない。
知らないうちに団体客と一緒に出口まで行って、
そのまま1階に留まってしまうので無意味なのだ。

コンパニオン以外では高性能な奴が稀に雇用先に現れる。
そいつは間違いなくエース級なので必ず雇用すること。
アクアキーパーは鎧武者、スイーパーは忍者。



次は水槽の設置。
グレートバリアリーフ、エクアドルは人気魚種が多いので複数必要。
壁用水槽はスペースを取らないので便利。
入り口の緑のスペースから一つ離して大型を設置。
その後、2スペース毎に離して計4つ設置しよう。

中央付近に少し狭くなっている場所があるはず。
そこに長方形型水槽小と机型水槽小を縦に置いて
奥側のスペースを封印する。
コレでスタッフが奥で無駄にサボることもなくなる。
水槽設置がそこまで終わったら次は館内設備設置を選び、
一番安い白樺でフロアの中心部に線を引く様に置く。
上の段と下の段を分けることで、客をスムーズに進ませることが目的。
下の段は長方形型水槽小を置く。要は上の段が海の魚コーナーで、
下の段は川魚コーナーということになる。
水槽が通路に出っ張るとそれだけで客が迷うので、
白樺などで工夫して客が円滑に進むように配慮しよう。
とりあえずコレを覚えていよう→『突起がなければ客は迷わない』

初期の水槽は7〜8個くらいがお薦め。
これ以上になると設備が速攻で煙ふくw



次は魚の購入。
どの魚をどれくらい仕入れるかは自由。
ここはデータを載せないので、他の攻略サイトを見ながら
好みで決めていこう。海水魚と淡水魚がいるので注意!

今回は日本で始めるということが前提なので一つアドバイス。
瀬戸内海と日本の川はいつでも魚を捕獲に行けるので、
初手での購入は控えた方が良いかもしれん。
船が一段階育つだけで自力で沢山取れるしね。
エクアドル系とグレートバリアリーフ系が評価高いのが多い。
初手はこれらを中心にしよう。
高品質の魚が容易に入る所が、このゲームの甘いところだ。
最高Cが2〜3匹程度がちょうどいいのに……



魚を入れ、水槽の細かな設定も終わったらいよいよ開園!
ゲーム速度を最大にしよう。
注意点は、ちょろちょろ(1月毎くらい?)設備を点検すること。

直ぐに来る糞ウザい労使交渉。
始まったら一気に詰め寄り、人差し指がETするくらいで止める。
少し下げて着いて来るようならガッと下げていく。
一桁くらいで纏まればヨシ。欲をかけ過ぎると決裂するので注意!
決裂すると忠誠度が下がり、2度決裂するとデモが起こる。
年1回あります。景気により初期数値が異なる。



暫くすると水族館にイルカが来る。
イルカ調教画面で育てるのだが、ぶっちゃけオートで十分。
育てようと志してもロード、ムービーの長さに挫折すること請け合い。
さらにポケットステーションなる化石のようなメモリーカードで、
育てて能力の底力を上げることができるが、
そんなもん未だに持ってる人はいないと思われるので、
無いものと考えよう。話によるとPS3DL版は削除されてるらしいしw
2年くらいオートで育てたらイルカショーに出そう。
イルカは次々くるが、高性能な奴が来たら迷わず乗り換える。
こいつは愛情は注ぐな!

イルカショーを開催する目安は最低5種目で☆6獲得しておくこと。
イルカショーで評価を得るには勿論、高性能のイルカが必要。
年1匹くらいもらえるが、シロとピンクは無条件で当たり。
青は基本ハズレだと思って良いが、初期は主力となる。
イルカ関連は全体的に面倒臭いしショーも長いが、
毎月開催するだけで決算で金が貰えるので開かざるをえない。
演目はオート禁止。マニュアルで☆6以上を設定しよう。

月の初めに調教回数がリセットされるので、月初めに調教しよう。
最初は忘れがちになるが、中盤以降は漁に行った直後が
目安となるので忘れなくてすむようになる。



アクアキーパーは大体5人必要です。
3人が漁に出て、2人が水族館の水質管理。
漁に出る3人は捕獲スキルAで50以上が望ましい。
園内専属は清掃と飼育がA以上の50。最初はBでもいい。
漁に出る3人は全てのスキルが身に付くように、

日本で始める場合は特に!
ダイビング、岩礁地帯、底引き網の3つのスキルが重要!
寧ろ絶対条件。これがないと意味不w

技術のあるアクアキーパーを臨時雇用して学ばせます。
メインとなる3人がバラバラでも全てのスキルを獲得できたら、
技術を持ち込んだアクアキーパーを解雇。人件費節約。
解雇すると全体の忠誠度が下がるが、
初期はとにかく資金難が深刻なので仕方がない。
経営が安定すれば上がっていくのでそれまで我慢してもらう。
最終的に漁に行くメンバーは更に増えるが、
それは経営に余裕ができてからでも遅くない。
医師は3人。1人は漁について行き、残りは園内。
漁に行く医師も将来的には増える。
スイーパーとコンパニオンは完全に能力重視で。
アクアキーパーが育ったら、ボートの強化不足で漁に出ることが
出来るようになるまでの間に医師の能力を底上げしとこう。


景気
好景気になったら入場料を3000。不景気は1000で頑張ろう。
終わったらすかさず戻す。好景気の終わりは客が入らないので
分かり易いが、不景気は中々気づかない。
時々入場料を変更して客が入るか試すと良い。

これは他の攻略サイトなどでは触れられて無い事だが、
プレイした感覚でアレだが、景気は5段階存在するみたいだ。
【好景気】バブル景気←好景気←普通→不景気→氷河期。
判断はぎりぎり客が入る入場料の上限で判断した。
バブルと氷河期の呼称は自己判断で決めますた。
バブルは中規模の水族館でも5000円でも入ってくれるが、
氷河期は100円でしか入ってくれない。
通常は好景気で3〜4000円が限度で、
不景気は800〜1000円の入場料が目安となる。
初期段階で多額の借金があり、氷河期が来たら試練だね……
だが、それが面白いw

とりあえず版入場料の目安。
バブル=5000円。好景気=4000円。普通=2500円。
不景気=800円。氷河期=100円。



決算
初年度は仕方ないw
リングに近付くと1000万、触れると2000万、半分以上で3000万、
抜けると5000万の特別褒章が貰える。初期の段階ではデカイ。

以下、内訳。
知名度=水族館の規模、希少生物の充実さ、客の数。
学習性=スタッフの質、これまで捕獲した生物の種類の多さ。
快適度=床や水槽の汚れの少なさ、ベンチや灰皿・植物等の数。
娯楽性=イルカショーの開催数と質。主に質。
人気度=知名度と全く同じ。希少生物の数が優先される模様。
総合=その名の通り総合的な評価。
総合だけは他が全然駄目でもトップが取れる場合がある。
5000万は初期の段階では非常に大きいので取りたいところ。
まじめに経営していれば凡そ取れるはずだが、
総合評価なのでどれの良し悪しが影響するかは
個々の水族館の問題なのでコレが良いとアドバイスするのは難しい。
posted by RYVO at 21:05 | Comment(0) | ゲーム簡易攻略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。